2017年06月01日

無線局を開く

猟友会の方々と出猟すると「無線持ってるか?」とよく聞かれます。
特に共猟の時には欠かせない道具らしいということ。

アマチュア無線4級免許は既に持っていたものの、
開局手続きはせず、長年ほったらかしだったが、
こないだ免許証が見つかったのを機に開局手続きをすることにした。

IMG_6626.JPG
電子申請システムを利用し、本日ようやく免許状が届く。
ずいぶん遅くなってしまいましたがこれで無線での送信をすることが出来る。
ちなみにわしのコールサインは「JM8KRK」。
フォネテックコードは「ジュリエット・マイク・(はち)・キロ・ロメオ・キロ」じゃ。

まあ、しょっちゅう使うことはないだろうが、
そのうち試しに無線交信をやってみようかな。

posted by ぐれっち at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

狩人への道 その32 流し猟

前回得た鹿肉だが、あちこち配ったり、
料理を作っておすそ分けとかしたもんで
だいぶストックが無くなってきた。

18619991_876418835845166_6414040627870948649_n.jpg
ちなみにスジ肉煮込みも旨かったー。

わしの狩猟は基本的に食べるための狩猟。
なもんで、夕方から一人で流してみる。
合計8頭くらい見かけたが、畑の近くだったり、
装弾しても逃げられたりで結局発砲なしの収穫なし。

まあこんなもんでしょう。
今度、朝一行ってみようかな。

ryouri.jpg
今夜のエゾシカメニューは「背ロースのトマト煮込み」
ヒンナヒンナ♪
posted by ぐれっち at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

徳島通信

image4 (2).jpg
娘とかみさんが徳島で暮らすようになってはや二ヶ月。
元気にやっているようで何より何より。

image6.jpg
もう四国は暑いんだろうなー。
水遊びできるんだろうなー。
カヌー行きてえなー。

image2.jpeg
寂しさより、次の徳島に行ったとき
何して遊ぼうかばかり考えとるよ、わし。
posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

狩人への道 その31 流し猟

夕方近く、近場での有害駆除の単独流し猟。
見つけたのは若い雌鹿だった。

IMG_6147.jpg
頭を撃ってしとめ、今回は初めて一人で解体までやってみた。
温もりの残る鹿の体にナイフを入れる。

IMG_6148.jpg
解体の仕方が下手で申し訳ないと思いつつようやくおわり。
できるだけ命をいただこう。
ようやく狩人の第一歩かもしれないなー。

IMG_6150.jpg
職場の上司にはシカフライにしてもらい、

18485659_872081576278892_1862826106883939095_n.jpg
わしはシカシチューを作りました。
獲って、さばいて、調理して、食べるまでの一連を出来たことに感謝。
さっきまで元気に森を走り回っていた命をありがたくいただきます。
残りの肉も色々調理して美味しく食べよう。
posted by ぐれっち at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

プレゼント

IMG_3733.jpg
こないだ徳島に行ったとき、
娘が作ったのは、かみさんへの誕生日プレゼント。

わしと一緒に作るときも「何の券がいいのかなぁ。」と
いっぱい考えて書いている姿もめんこかった。
かみさんも喜んでくれたみたいで良かったね。


posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

プクサキナ

IMG_6098.jpg
プクサキナことニリンソウ。

家の近くの沢筋には畑の如くたくさん生えとる。
トリカブトと間違えぬよう、花の咲いているものを採り
湯がいて天日干しして乾燥保存させとこう。

このプクサキナ、アシリパさん曰く「山菜の中で一番、肉と合う。味が倍になる。」
とゆーことらしいので早速つかってみることにする。

20160721214800.jpg
つくってみたのは鹿汁こと「ユクオハウ」。
参考レシピはゴールデンカムイのアシリパさん・レシピ。

あいにくシカのもも肉はきらしていたので
代わりにストックしてあったシカのすじ肉をチタタプ、チタタプ…
昆布で出汁をとった湯の中に肉団子をいれ、
火が通ったあたりにキトピロとプクサキナを加える。

20160721215044.jpg
最後にオソマこと味噌(かみさんの自家製)をといてできあがり。

IMG_6101.jpg

IMG_6103.jpg
煮込んで柔らかくなったスジ肉もうまいが、
こうやってチタタプしたのも歯ごたえもあっていいね。
まったくもってヒンナヒンナでした〜♪
posted by ぐれっち at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 外遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMG_6094.jpg
我が家裏に咲く桜。
今年は特にきれいに咲きました。

風が少し冷たいが花見してえなぁ。
お一人様焼肉でもすっかな。
posted by ぐれっち at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

GWは徳島へ

今年のGWは、かみさんと娘の暮らす徳島へ。

4月28日(金)
18193886_862603887226661_8828257844936532744_n.jpg
かみさんに頼まれていた荷物を積み込んで、
苫小牧からフェリーに乗り、敦賀港へ。

4月29日(土)〜30日(日)
IMG_5958.jpg
敦賀駅前で宿泊し、翌日徳島に向けて出発。
途中、琵琶湖畔や日吉大社に立ち寄りながら進む。

IMG_5960.jpg

IMG_5961.jpg

IMG_5974.jpg

IMG_5977.jpg

IMG_5971.jpg

IMG_5982.jpg

IMG_5983.jpg
夜に二人の住むアパートに到着。やっぱ遠いなー。
かみさんの用意してくれた夕食には、名物の「たけ竹輪」と「フイッシュかつ」、「太刀魚の塩焼き」、
そして娘がトエックでの海遊びで採ってきたフノリの入った味噌汁。
久々の家族3人での食事はおいし、うれし。

5月1日(月)

娘の通う「TOEC 自由な学校」に参観日は無いのだが、
その代わり、いつでも学校に見に行って参加することが出来る。
この日は娘と一緒に電車に乗って学校へ行く。

朝のミーティングで今日やりたいことを言い合って一日が始まるのだ。
わしは、みんなと遊ぶことと、みんなの名前を覚えたいと伝える。

IMG_5993.jpg
この日の午前中、娘は友達と秘密基地づくりをし、
男の子の開いた「うちわ屋さん」でうちわを作っていた。

午後には明日行く「かもみち」という古道への遠足ミーティング。
みんなで持ち物を相談、確認しながら自分でメモを取っていた。

IMG_5994.jpg
持ち物リストに四角を2個つけているのはなんで?と聴くと
「忘れないかどうか2回チェックするんだよ。」とのこと。
へー。自分なりの工夫を入れているところに感心。

トエックでは誰に「どうしなさい、こうしなさい。」とは言われない。
子どもなりに自分でどうしたらよいか考え、その考えたやり方でやることが保障されている。
いい空間だ。

IMG_5990.jpg
お昼ごはんも一緒に頂きました。
みんな揃って一斉にいただきますはしない。

大体11時〜1時の間に食べたいときに、
食べたい人と食べたいところで食べてよいとゆーことになっている。

遊びたい子は続けていてもいいし、お腹減った子は早めに食べて良いのだ。
しかもキッチンスタッフが常にあたたかい状態で出してくれる。

トエック農園で採れたお米に野菜、子ども達の作った味噌、漬物、釣ってきた魚…
これらの素材を使って、キッチンスタッフの方が作ってくださったご飯はやっぱり美味しい♪
わしは熱めの味噌汁が嬉しかったな。

IMG_5991.jpg
ナスの苗植え、田植え、男女まじってのサッカーにも参加したりも。
結局、わしも一日中思いっきり遊んで気持ちよかった。

子どもたちは全員で28人、帰りのミーティングでは
「俺、私、あの子の名前は?」と質問攻めだったが
全員なんとか答えることができて一安心。

通常の学校では、子ども達のやることは先生達が決め、
それにしたがってほぼ流れていくことが多いが、
トエックは「自分が何をしたいのか」を常に見つめ、
自分自身の責任のうえで、一日の動きを決めなければならない。
2,3日ならともかく、それがずっと続くのだから、
子ども達の企画力、自立心は相当鍛えられると思う。
これらが土台にあれば、学力はいつでも補えるだろう。

今年のトエックの子ども達、その中にいる娘の姿、
そして見守ってくださるスタッフの方々を見ることが出来てよかった。

5月2日(火)

IMG_6012.jpg
娘はかもみちへ遠足。
わしとかみさんは、低山トレッキングで鍛冶ヶ峰〜津乃峰山へ。
気温は高いが、木陰が続くのと風があるのとで
涼しい快適なトレッキングでありました。
気持ちいいね。

IMG_6023.jpg
津乃峰山の山頂には神社があり、そこまでの参詣リフトにも乗ってみたりなんぞ。
景色がいかったなー。帰りには温泉に入って汗を流してみんなすっきり♪

5月3日(水)
アパートの部屋を整えた日。
娘と一緒にリサイクルショップでカラーボックスやスチール棚などを購入し、
台所や押入れを片付けた。とりあえず片付いてよかったよかった。

IMG_6035.jpg
そいと、娘と一緒にかみさんの誕生日プレゼントづくり。

5月4日(木)
徳島を出発する日。
午前中は水道の蛇口をレバー式に付け替えたり、お土産を買ったり。

IMG_6051.jpg
名物フイッシュカツも買っていきたかったどさすがにもたんな。

IMG_6053.jpg
(どんきみを食べて口の周りとなぜかTシャツを汚す。)
まだもう少し居たかったが、フェリーの関係で夕方出発。
淡路島の高速は30キロ近い渋滞でヘロヘロ。
まさかこのわしがGW渋滞に巻き込まれるとはねぇ…
なんとか抜けての神戸からはスカスカの高速をかっ飛ばし、
時間ぎりぎりに敦賀港に到着。

IMG_6054.jpg
無事に乗船し、フェリーのなかでひとごこち。

今回の旅はフェリーと移動の時間が長かったけれど
二人の住む徳島、そしてトエックをこの目と体で感じ取ることが出来た。
何よりも、かみさんの心が軽やかになり、日焼けをした娘は目が輝いていた。
それだけで徳島に来た意味はある。本当によかったと思う。

さてわしは夏には又来るつもり。
その時にはカヌーを持ってこよう。


posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

狩人への道 その30 銃検査

17991705_860190280801355_5685638145462286005_o.jpg
はじめての銃検査へ。

銃自体の検査は許可証の記入事項と同じかどうか
銃口から銃床までの長さや口径を測ってすぐ終わり。

次は実包管理表と検査表、保管状況報告などなどを提出し、
担当の方から質問を受けつつ、修正したり確認したりで約15分ほど。

人によっては時間がかかっていたよう。
銃を複数所持していたり、狩猟期間バンバン撃っていた方は
1時間以上かかっていたんじゃないかねえ。

わしはさほど撃っていないので、すぐ終わったんだね。
なにせ、狩猟としては2発しか撃ってないもんな。

まあ、たくさん撃てばいいってもんではないですが
来シーズンはもう少し出猟して、自分ち用の肉と
ほかに配れるくらいは確保できるようにしたいもんです。
posted by ぐれっち at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

時代変われば

わしの小学校高学年の頃にはやったのはガンダム。
田舎の文房具店にはプラモデルは全く入ってこず、
バッタもんのロボットプラモデルばかり。

そんな中、仲間内で流行らせたのは旧日本軍の兵器のプラモデルじゃ。
戦艦大和はむろん、空母から重巡、軽巡、駆逐艦、潜水艦、
果ては水上機空母から補給艦。
戦車は97式からティーガー、パンターなどなど。
航空機は零戦、97式艦攻、99式艦爆、99式襲撃機、2式水戦、零式水偵。
たくさん作ったなー。

203高地や八甲田山、海軍特別年少兵、1941などの戦争映画もたくさん観たし、
ジャガーバックスの日本海軍、ドイツ機甲師団本も読みまくった。
ふくろう文庫の戦艦大和、零戦も言わずもがな。(たぶんまだ実家にあるな)

戦う道具は人の命を奪う目的の道具とはいえ、
理屈ではなく、いつの時代でも少年の心を揺り動かすものだ。

で。
現在はそれらが、アニメやら萌えキャラになってるんだねー。
時代変わればなんとやら。すげえな。知らんかった…
自分が小学生の時には全く思いつかなかったこの発想。
さすが日本、諧謔精神すさまじきものなり。


娘と観たらこれがまた面白いじゃないか。
この年になってアニメにはまるとは…
今度、栃木の実家に帰ったら足を伸ばして
娘と大洗にいってみたくなったわ。

萌えキャラだけでなく、実際の戦史や戦った人達の心境、
日本はなぜ戦ったのか、日本の開発設計思想など。
歴史に興味を持つきっかけになってくれればと思う。
posted by ぐれっち at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする