2017年07月18日

狩人への道 その38 わなかかる

IMG_7164a.jpg
早朝、しかけたわなを見に行くと一頭かかっていた。
うれしさ、驚き、あせり…なんというか色んな感情が沸き起こる。

気持ちを落ち着かせて止め刺し。
頚動脈を切ると血があふれ出す。
命を頂くことに畏れと感謝をしつつ、その姿を眺めた。

そりで平地に運び出し、木につるして解体。
小さな虫と暑さに難儀しながらも約2時間で終了。
終わると同時にどっと来る達成感と疲労感…

初めての罠猟の猟果でうれしいことはうれしいが
それと同時にこれまで協力していただいた方々、
それと地域の自然とシカに対して感謝の気持ちもわいてくる。

肉はありがたく大事に頂きます。
また来てください。

ってことで、その後は出勤。
気持ちの切り替えできるかな?
posted by ぐれっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

狩人への道 その37 罠入手

wana.jpg
くくり罠を入手。
パーツを購入し、自作することも考えましたが、
正直自作している時間が惜しいのでとりあえず4個購入しました。
できれば10個は欲しいので、調子がよければ、まねして自作してみよう。
知り合いの畑にもかけてくれとの声かかっているしね。

新品の金属臭を消すため、土に埋めたり、川に沈めておいたりするらしいですが
とりあえず下見しておいた濃いめの鹿道に3個ほど仕掛けてみる。
さてどうなりますか。

これから罠パトロールも日課になりそうです。
かかるといいんだけどねえ。



posted by ぐれっち at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

狩人への道 その36 わな狩猟免許、合格す

IMG_7081.JPG
わな猟狩猟免許、無事に合格。
わーい。
銃とわなの併用でシカの確保率も少し上がるかな?
7月中になんとか1頭確保したいですねえ。
posted by ぐれっち at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

狩人への道 その35 わな猟免許試験へ

受けてきました、わな猟免許試験。

IMG_7029.jpg
朝8:45までに受付なもんで、前日入りで予習する。
毎度おなじみ一夜漬けならぬ、朝学習の超浅漬け学習だな、わし。

IMG_7030.jpg
今回は石狩会場。さすがに人数多し。
こんだけいたら、時間もかかりそうだなー。

知識試験
わしは既に第一種狩猟免許を持っているので、知識試験のうち下記の問題は免除されまする。
・「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法令」
・「鳥獣に関する知識」
・「鳥獣の保護及び管理に関する知識」
てなもんで「猟具に関する知識」の三択問題が10問のみじゃ。
例題集の問題をやっとけばさほど難しくは無い。

ちなみに多分、出題されたもの。(順不同、覚えているもののみ)
@次図の猟具は何か。「はこわな」
A次図の猟具は何か。「くくりわな」
Bくくりわなについて次の記述のうち、適切なものはどれか。
Cくくりわなの構造についての次の説明のうち、使用することが可能なものとして適切なものはどれか。
D「はこわな」と「囲いわな」の構造の違いに関する次の説明のうち、適切なものはどれか。
Eはこわなについての次の説明のうち、適切なものはどれか。
Fくくりわなの適正な使用方法についての次の説明のうち、適切なものはどれか。
(7問しか覚えてねぇ…)
試験開始後30分で殆ど人が退席、わしも退席。

適正試験
@6人ずつ部屋に入り、試験管の動きを真似できるかどうか。
・肩を前、後ろに回す運動。
・ひざの屈伸
・両手の指を一本ずつ折って戻す。
A視力検査
・わな猟なので両目で視力検査
B聴力検査
・たぶん視力検査官の声が聞こえたらOKなのだと思われる。

午前中はこれでおしまい。
11時20分に一度会場に集合。
午後の日程の話が合ってすぐ解散。

12時、午前中の試験結果発表。
それぞれの免許ごとに番号を呼ばれる。
自信はあったものの、やはりドキドキしますねえ。
「2番!」
自分の番号を呼ばれてひと安心。

技能検査
免許の種類が少ない人から順番(6人ごと)に呼ばれて検査室へ移動する。
わしは2番だったので早めに受験できた。
@狩猟鳥獣の判別
わな猟なので獣のみ。
獲れるもの「獲れます、○○です。」、
獲れないもの「獲れません。(名前は不要)」と答える。
しかしわしの持っている狩猟読本と違う絵もあったので、ちょっと戸惑ったがおそらく大丈夫。

A猟具の判別(画像は事前学習したもの)
使用できるもの「使用できます、○○です。」、
使用できないもの「使用できません。(名称不要)」と答える。

【出たもの】
●使用可能
IMG_7007.JPG
・くくりわな(ストッパー付き)

IMG_7018.jpg
・はこわな
・筒式イタチ捕獲器(ストッパー付き)

●使用不可
IMG_7006.JPG
・とらばさみ

IMG_7008.JPG
・はこわな(『さんなし』っつーか元々壊れてタ…)
・筒式イタチ捕獲器(ストッパーなし)

B猟具の架設
猟具の判別で使用できるものから一つ選んで架設。
ってなことで予習しておいた「はこわな」を選択。
事前学習で練習しておいたので、落ち着いて架設できたぞよ。
(はこわなを移動させたり、プレートを付けたり、片付けもなかったな。)

技能試験自体は10分もかからず終了、終了した人から随時解散。
複数の免許を受験されていた方々は受験者数も多かったので
おそらく待ち時間がそれなりにかかったことでしょう、お疲れ様であります。

さて合否の通知は数日後に発送されるとのこと。
おそらく大丈夫だとはおもうけれど、
これは試験だから通知があるまで安心は出来ないずら。
果報は寝て待てですな。

明るいうちに帰宅できたので有害駆除に出動。
子どものエゾシカ40mに発見。
ジッとこっちを見ている、絶好のチャンス!
が、はずす…わし、へたっぴ…
わな免許取れたら、わなもやってみよ。
posted by ぐれっち at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

狩人への道 その34 わな猟試験にむけて

需要があるかどうかはわからんが、
自分の試験対策の学習としてあげときます。


hakowana kasetsu from guretch on Vimeo.



さ、明日は試験だー。
posted by ぐれっち at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

狩人への道 その33 わな猟免許

image1.JPG

銃だけでなく、罠による食肉捕獲を目指し、
来週、罠猟の狩猟免許試験受けます。
休暇のタイミングが合わず、事前講習を受けられなかったので
自学でなんとかしなきゃなりませぬ。

とりあえず第一種試験のときの問題集で過去問をやり、
職場にある箱罠で設置練習です。
はてさてどうなりますことやら。
posted by ぐれっち at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

狩人への道 その32 流し猟

前回得た鹿肉だが、あちこち配ったり、
料理を作っておすそ分けとかしたもんで
だいぶストックが無くなってきた。

18619991_876418835845166_6414040627870948649_n.jpg
ちなみにスジ肉煮込みも旨かったー。

わしの狩猟は基本的に食べるための狩猟。
なもんで、夕方から一人で流してみる。
合計8頭くらい見かけたが、畑の近くだったり、
装弾しても逃げられたりで結局発砲なしの収穫なし。

まあこんなもんでしょう。
今度、朝一行ってみようかな。

ryouri.jpg
今夜のエゾシカメニューは「背ロースのトマト煮込み」
ヒンナヒンナ♪
posted by ぐれっち at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

狩人への道 その31 流し猟

夕方近く、近場での有害駆除の単独流し猟。
見つけたのは若い雌鹿だった。

IMG_6147.jpg
頭を撃ってしとめ、今回は初めて一人で解体までやってみた。
温もりの残る鹿の体にナイフを入れる。

IMG_6148.jpg
解体の仕方が下手で申し訳ないと思いつつようやくおわり。
できるだけ命をいただこう。
ようやく狩人の第一歩かもしれないなー。

IMG_6150.jpg
職場の上司にはシカフライにしてもらい、

18485659_872081576278892_1862826106883939095_n.jpg
わしはシカシチューを作りました。
獲って、さばいて、調理して、食べるまでの一連を出来たことに感謝。
さっきまで元気に森を走り回っていた命をありがたくいただきます。
残りの肉も色々調理して美味しく食べよう。
posted by ぐれっち at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

狩人への道 その30 銃検査

17991705_860190280801355_5685638145462286005_o.jpg
はじめての銃検査へ。

銃自体の検査は許可証の記入事項と同じかどうか
銃口から銃床までの長さや口径を測ってすぐ終わり。

次は実包管理表と検査表、保管状況報告などなどを提出し、
担当の方から質問を受けつつ、修正したり確認したりで約15分ほど。

人によっては時間がかかっていたよう。
銃を複数所持していたり、狩猟期間バンバン撃っていた方は
1時間以上かかっていたんじゃないかねえ。

わしはさほど撃っていないので、すぐ終わったんだね。
なにせ、狩猟としては2発しか撃ってないもんな。

まあ、たくさん撃てばいいってもんではないですが
来シーズンはもう少し出猟して、自分ち用の肉と
ほかに配れるくらいは確保できるようにしたいもんです。
posted by ぐれっち at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

狩人への道 その29 入林許可証と銃の用途追加

IMG_5791.JPG
有害鳥獣駆除(この言い方はあんまり好きではないが…)の委嘱を受け、
入林許可ももらえた。

しかし、わしの銃の用途は「狩猟」のため、
有害駆除をするにはその用途に「有害鳥獣駆除」を追加しなければならぬ。
早く行きたかったんだが、自宅から1時間以上かかるのでなかなか行けぬ。

IMG_5790.JPG
今日は平日休みだったもんで、ようやく警察署に行って申請をしてきますた。
手数料1800円也。

これでようやく有害鳥獣駆除に参加できます。
ですが、今度は春の銃剣…もとい銃検がありまする。
狩猟登録も返還しなきゃ。
やることいっぱいあるねぇ。
posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

狩人への道 その28 有害鳥獣駆除の登録

IMG_5727.jpg
猟期は既に終了しておりますが、今後の経験のためにと
猟友会の方々からの薦めもあって登録することにしました。

とりあえず委嘱状が届いたので、あとは入林許可証と
銃所持許可証に有害駆除の登録に関する記載をしてもらうことになるらしい。
やれやれ、また警察に行かねばならぬのかー。

自分の狩猟の目的はあくまでも食肉確保。
有害駆除はそんなに一生懸命できないかもしれませんが
地域柄農家さんへの熊やエゾシカ、アライグマの被害も
結構多いのでそうも云ってられないかもしれんね。
夏には罠免許も取ろうかな。

posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

狩人への道 その27 射撃練習

IMG_5729.jpg
残弾処理を兼ねての射撃練習へ。

IMG_5732.jpg
距離は100m、有害鳥獣駆除の猟に向けての試し撃ちでもあります。

IMG_5730.jpg
「APORO FEILD SLUG」は、いい感じにまとまるが鉛弾頭なので使えない。
射撃大会用ですね。

「dupo20」と「sauvestre」はどこに飛ぶのかばらばら…
dupo20は反動が軽くて撃ち易いが、sauvestreは結構きつい。
いずれにしても選択肢が少ないから、もう少し撃ってみないとよく分からんな。
とはいえ、単価が高いのでバカスカ撃つわけにもいかないけどね。

posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

狩人への道 その26 出猟

17015773_825345427619174_1238110258530617107_o.jpg
本日はゾンメルスキーで1人忍び猟。

16835966_825345424285841_432230159868794865_o.jpg
足元は秀岳荘長靴、

16836420_825345430952507_5121427613554253887_o.jpg
おやつは1年前に買ったクリフバー。

長靴は軽くて歩きやすく、着脱も用意でなまら快適!
もっと早く導入すればよかったなー。

さて、いつもの道をてくてく歩き、途中でスキーをデポして
前回目をつけていたポイントまで歩くと
びっしり寝床と今日のものらしきフンと足跡だらけ。

足跡を追い今回はかなり近くまで接近できた。
さあカバーを外して、弾を装填!

…したが逃げられたー。
まあ、仕方ないね。じゃんねん。

でも大分、シカのいる場所の傾向がわかってきた。
山ボードとはまた違う冬山での緊張感と目線がいい。
狩猟、楽しいね。
posted by ぐれっち at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

狩人への道 その25 出猟

(獲たエゾシカの画像があります、注意)
地元猟師の大先輩に同行させてもらい出猟へ。

シカのいるポイントを色々教えてもらいながら林道を流し猟。
先輩は既に一頭仕留め、日没直前に一頭見つける。

「あの距離なら撃てると思うよ。」
先輩の言葉に従い、弾をこめてスコープを覗く。
向こうはこちらを見てじっとしていた。
首と頭の間に狙いをつけ、静かに引き金を引く。

ターン…

その場で少しもがいていたがばたりと動かない。
坂道を降りて確認すると若いメスのエゾシカだった。
弾は首に当たっていた。

IMG_5103.jpg
自分の銃ミロクMSS20で初めて仕留めたエゾシカ。
初めての獲物だから嬉しいことは嬉しいのだが
色々な感情も心に湧いてくる。

大先輩に感謝をしつつ肉を手に入れ、
家に帰ると娘もかみさんも喜んでくれたのでよかった。

IMG_5106.jpg
早速、今夜の夕食にあがりました。
今朝までは野山を走り回っていた命が
今、ここで食べ物となって僕らの血肉になることを
改めて感じつつ、ありがたくいただきました。

ありがとう、ありがとう。


posted by ぐれっち at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

狩人への道 その24 出猟

IMG_5099.jpg
今日はいつもと違う場所をウロウロしてみる。

IMG_5100.jpg

IMG_5101.jpg

今日も発砲は出来なかったが、エゾシカの姿を近くで見かけることができた。
射程距離まで詰めていこうと追いかけるがやっぱり早いねえ。

それでも少しずつ獲物に近づいているような気がします。
posted by ぐれっち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

狩人への道 その23 出猟

いよいよ出猟。

目をつけていた林道をウロコ・テレでてくてく歩きながら
足跡や休み場を探して射撃ポイントを考えたり。

01.jpg
射撃ポイントではツェルトを張って待ち伏せもしてみたり。

とはいえ未だ鹿の姿は見えず、
当然実包も未だに一発も撃てず。

まあ、始めはこんなものでしょう。
初めから一人で獲れるほど甘くはありませんしね。
でも元々山ボードで冬山に入ること自体が好きだし
天気待ちで待つこともしょっちゅうだったので
それはそれで苦にはなりませぬ。

今度は、先輩猟師と一緒に同行予定。
自分で撃って、捌いて、食べてこそ
初めて猟師のスタートと言えると思う。
猟師への道はまだこれからですわ。
posted by ぐれっち at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

狩人への道 その22 エゾシカ猟用の実包準備

さて出猟に出るために最後の準備。
非鉛のスラッグ弾の購入です。

平筒散弾銃のミロクMSS20はライフリンクが無いため、
サボットスラッグは撃っても横転してしまうので使えないらしいのです。

レッドバードやブリネッキ、アポロは使えるのですが、
これらは鉛弾頭のため、北海道では使用できない…むー。

IMG_4494.jpg
アポロのタングステンポリマー狩猟用装弾が一番欲しいのだが
残念ながら去年の12月で販売終了となってしまい
結局選んだのは、sauvestreとDupoのスラッグ弾。

しかしお高い。
1発あたりの価格、Dupoは440円、sauvestre(非鉛)は1,080円!
レッドバード(狩猟用)が210円だからねぇ…
これなら今の銃を売却してサボットスラグ用の銃を
新たに買ったほうがいいのかとも考えたが、
縁あってわしのところに来たMSS20だし、
気にいっているのでしばらく使ってみようと思う。

で。
早速、早朝自宅近くの林道へ出猟する。
まだ薄暗い山の中をウロコテレでてくてく歩きはじめる。

装備は銃と解体用の道具以外はほぼ山ボードと同じ。
しかし山の中で歩く感覚が全く違うのだ。
周りを観る視点、歩くペースなどすべてが新しい!

あちこち観察しながら歩くが今回は発砲なし、当然猟果もなし。
それでもこれでいつでも狩りにいけるようになったことが嬉しいね。

suomi ski.jpg
気分はとりあえずハンター!
(でもあるが、冬戦争のフィンランド軍スキー兵でもある。)

今シーズン、まずは一匹。
自分で撃ち、さばいて、家族みんなで恵みを頂きたいな。
posted by ぐれっち at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

狩人への道 その21 狩猟登録

いよいよあとは狩猟登録。

で。
早速近くの支部に聞いてみると
「まずは地元の部会に連絡してみて。」
と云われて部会に連絡を取ってみると
「支部に狩猟登録の手続きをお願いして。」
と云われ。
「じゃあ、狩猟登録するにはどうすれば?」
と聞くと
「こちらから支部に連絡するから書類を送ってもらうようにしときます。」
と云われ、待てども待てども無しの礫…。

どうなってんのかなー?
と思って再度、支部に連絡すると
「あー。それなら、○○と○○のコピー、会費を現金書留で送ってください。」
と云われる。
もーなんだかなー…

15578507_785062004980850_4567167359224820420_n.jpg
書類とお金を送り、ようやく届いた狩猟登録証と帽子&ベスト!
とにもかくにもようやく登録できました。

あとは部会長の印鑑をいただき、無許可の実包を購入すればよし。
標的射撃用に買った鉛弾頭のスラッグ弾はエゾシカ猟に使えんからね。

もし国有林と道有林で猟をするには入林許可申請しなきゃならんが
とりあえずこれで狩猟にはいける事になりました。

長かったなー。ここまでの道のり!
でもここからが狩人としてのスタート。
解体の仕方や実際の狩猟はこれから。
楽しみじゃ。

posted by ぐれっち at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

狩人への道 その20 射撃練習3

またまた射撃練習の日胆ライフル射撃場へ。

IMG_2669.JPG
今回は100m標的で撃ってみる。
50mに合わせてあったスコープ調整もしつつ
後半はようやく直径50センチ程度に弾着がまとまるようになったなー。

IMG_2673.JPG
使用した実包、鉛弾頭のアポロとレッドバードはなかなかいい感じですが
実際の猟には使用できないのが悩みの種。
別途、狩猟用の実包を購入せねばならぬ。

sauvestre-cal-20-76.jpg
平筒で撃てる非鉛弾頭のスラッグがなかなか見つからないが、
今のところの候補はサボット弾の「sauvestre20」になりそう。

他に使える弾はないですかねー?

posted by ぐれっち at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

狩人への道 その19 射撃練習2

IMG_1826.JPG
引き続き射撃練習で『日胆ライフル射撃場』。

IMG_1825.JPG
練習しつつ地元の猟友会の方々の射撃を見学したり色々と情報交換などなど。
こーいった繋がりができることは大変ありがたいね。

撃ちも撃ったり、ん10発。
大分慣れてきたのか、肩はさほど痛くなくなってきたがこれだけ撃つと弾代が痛い…
でもここでケチると実際の猟の時に困るかもしれんて。

posted by ぐれっち at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする