2017年07月18日

狩人への道 その38 わなかかる

IMG_7164a.jpg
早朝、しかけたわなを見に行くと一頭かかっていた。
うれしさ、驚き、あせり…なんというか色んな感情が沸き起こる。

気持ちを落ち着かせて止め刺し。
頚動脈を切ると血があふれ出す。
命を頂くことに畏れと感謝をしつつ、その姿を眺めた。

そりで平地に運び出し、木につるして解体。
小さな虫と暑さに難儀しながらも約2時間で終了。
終わると同時にどっと来る達成感と疲労感…

初めての罠猟の猟果でうれしいことはうれしいが
それと同時にこれまで協力していただいた方々、
それと地域の自然とシカに対して感謝の気持ちもわいてくる。

肉はありがたく大事に頂きます。
また来てください。

ってことで、その後は出勤。
気持ちの切り替えできるかな?
posted by ぐれっち at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック