2013年01月31日

山ボード日記 2013 その10 後方羊蹄山 京極コース

天気図見ると良さげなんで、2週連続の早起き山ボード。

明るい月明かりのおかげでヘッドライトいらない登り。
雲海から少しずつ登る朝日で照らされる斜面。
だんだんと消えていく星明かり。

IMG_6366.jpg

IMG_6369.jpg


IMG_6372.jpg
午前7時に1550m到達。
朝日に手を合わせてから、千枚石の沢へドロップイン。

IMG_6374.jpg
雪はしっとり、モナカ、ざくざくのミックスでしたが
この場所に自分がいられること自体、
嬉しいし、ありがたく感じまする。

自然からのエネルギーを体いっぱいに
浴びることができたような気がするのです。
山の神様、ありがとう。



今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:奈井江商高の生徒さんたちが考えたパン「メロンケーキデニッシュ」

posted by ぐれっち at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

山ボード日記 2013 その9 828峰

久々にほーさんとスプリットコンビで山ボード。

風が強そうなので標高をあまり上げずとも
楽しめそうな場所とゆーことで828峰へ。

P1160836.JPG
二人ラッセル(ほーさん7割)はきつかったけれど
初めての場所は新鮮で楽しかったなー。

登って滑って計3本。
短めながら斜度と地形はなかなか。

登り返しの急斜面重雪ラッセルくるしーっ。
スノーシューなら無理っぽい。
スプリットならではの行程かもしれんね。

P1160838.JPG
最後に滑ったこの斜面が一番良かった♪
満足〜。

風雪強くて選択肢がないときはここもいいね。
ほーさん、教えてくれてありがとう。
下山後は冷えた体を新見温泉ホテルで
温泉とカニ汁で温めてもすっかり満足。
やっぱいいわー、ここ。


今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:セイコマのウィダインゼリーもどき
今日の温泉:新見温泉ホテル(湯めぐりパス使用+カニ汁付き)

posted by ぐれっち at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

山ボード日記 2013 その8 後方羊蹄山 京極コース

今シーズン最初の早朝山ボード。

午前4時にスタート。
前日のものであろうスキーヤーのトレースをいただき、
午前7時には1380mまでこれた。

IMG_6162.jpg

ドロップ前に嫁にメールをすると、
小さい豆粒が動いて見えていたらしい。

さて千枚石の沢より一本南側の沢へ。
中は風でたたかれたしまり雪っぽかったが、
リップ付近は柔らかく気持ちのいいスプレー上がる。

途中から尾根に戻り下山コース。
林間の雪もよかった。

IMG_6164.jpg
午前7時半下山。
うーん、楽しかった、満足。


今日のボード:SPLT66
posted by ぐれっち at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

山ボード日記 2013 その7 チセヌプリ〜ニセコアンヌプリ西斜面

チセヌプリに登ってみる。
切れ間あるかなと淡い期待をいだき
とりあえず山頂まで行ってみるものの、
風雪激しく、ホワイトアウト状態。何も見えーん!
だめだ、こりゃとさっさと撤収〜。

下山すると晴れ間も時折見えるめまぐるしい変化の天気。
うむむ。
場所を移動して五色温泉駐車場へ。
こちらはまだ比較的視界があったので、ニセコアンヌプリ西斜面へ向かう。
風は強かったけれど視界があったのが救い。

IMG_6152.jpg

さくっと登って一本滑走。
今度は気持ちよく滑ることができました。
よかった、よかった。

今日みたいな日は素直に林間行けばよかったのかもしれないが
山は行ってみなきゃ分からない。
こういう時があるのも含めて楽しむことを忘れないようにしなきゃね。

今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:「わかさ屋いも」(寿都町のお土産)
今日の温泉:ニセコヒルトン(湯めぐりパス使用)

posted by ぐれっち at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チセヌプリスキー場について

SPLT66を初めてお山で使ったのがチセヌプリスキー場。
何度となくお世話になった思い出深いスキー場ですが、
今シーズンで営業終了らしいとのことです。

残念な気持ちはもちろんありますが、
「残してくださいっ!」
と口にすることは自分として正直、躊躇いがあります。

経営する蘭越町から見れば税金を投入しているにも関わらず
町としての採算性、存在意義が薄れてきたというのであれば
やむ得ないことだとも言えます、当然ですよね。

わしみたいな、たまにしかこず、
しかも1回券ばかり買うような客が「残してください」と言ったって
ただのわがままにしか聞こえないんじゃないかな。

存続を願う署名運動もあるようです。
思いを伝える手段として有効かつ大切な方法だと思いますが、
個人的には管理・運営資金の課題をクリアできるような
具体的な改善策の提案を町にすることも必要じゃないかな。

そこで一案。
チセヌプリをNZにあるクラブフィールドみたいにできんかね。
チセヌプリスキー場の愛好会とかNPO法人をつくり、
運営費はクラブ員からの会費、寄付金、助成金、リフト券代でまかなう。
スタッフは基本的に会員によるボランティア、アルバイト。
設備もリフトをやめてロープ塔かハンドル塔等で必要最低限。
そー考えるとワイスもクラブフィールド化できそう。

雪秩父温泉も日帰り温泉施設に改築するらしいですが、
どうせなら上富良野町にある「白銀荘」みたいに
自炊宿泊施設にして湯治・研修・登山の場としたらどうかなー。

うむ、我ながらいいアイデア。
どうですか、蘭越町さん!

「じゃあ、あんたやるかい?」
「むむむ…」
自問自答。
うーむ、わしって無責任かしら。
んが、くく。

posted by ぐれっち at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

山ボード日記 2013 その6 春日ゲレンデ ななみスロープ

春日ゲレンデのさらに奥にあるななみスロープへ。
(勝手に命名)

地形図や遠目で見た感じではよさげな斜面。
南向きだから雪質は期待できないけれど行ってみる。

近いデポ地点までは北電のゲートがとおせんぼしているので仕方なく
その下、約1.5キロ下に車を停めて準備運動がてらてくてく歩き、
道路脇から除雪の山を乗り越えてスタート。

IMG_6147.jpg
約2時間でドロップポイント到着。
ふひー。

IMG_6149.jpg
そそくさと準備をしてドロップイン。
標高差約200mの小さめな斜面。
予想どおり雪は重めだったけれど、疎林具合と地形・斜度はいい感じ。
何度か登り返して楽しみたい場所だと思ったけれど如何せん遠いかな。
もう少し近くまで車が入れればいいんだけれどね。

帰りも殆ど歩き。
車に戻る頃にはさすがに暗く、
山から降りてくる北電の車のライトが眩しかった。
それでも一度行ってみたかった斜面を
実際に自分の足で行き、目で見て滑れたので満足感いっぱい。

後方羊蹄山やニセコ周辺の山々ももちろんいいのですが、
こーゆった山ボードもやっぱり好きだなあ。


今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:嫁手づくりメロンパン

posted by ぐれっち at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

BDについて考え(妄想)てみた。

さて改造後のSPLT66。
分解組み立てのストレスが軽減されて
至って快調なんですが、ちょっと気になるのはやっぱり重さ。

元々重いのであまり感じてはいませんけれど、
考えてみれば高嶺竜二のパワーアンクルみたいに
鍛えるつもりでもありませんので、
もう少し軽量化できんかなと思い
ビンディングを変更したらどうなるか、
備忘録的に検討(妄想)してみる。

ちなみに今使っているVoileのIFとクリッカーBD、
K2ブーツの合計重量は概算で約4600g。

spark-rd-burner-black.jpg
さてIFとBDが一体化していてよさげな「spark R&D burner」。
今持っている古ーいソフトブーツと組み合わせるとしたら概算で約3600g。

「あ、圧倒的じゃないか…」
お山での1kg差は大きいね。

さて今度は価格調査。
シーズンも中盤ゆえ型落ちならだいぶ値引きされているみたい。
国内販売のとあるショップですと、新型含めて
クランポン込合計43,000円〜52,000円ってトコ。
うーむ。

一方、海外通販はどんなもんかしらと覗いて見ると、
約32,000円〜42,000円ってトコ。
国内で旧モデル買う価格で新型が買えますなあ。

でもトラブル等があったときのアフターサービスの事もあるので
価格だけでは一概に言えないものもありますけれどね。

なるほど何となく分かりましたわ。
しかしよく考えてみれば、ラチェットタイプのBDは
ここ10年近く使ってないのよね。

妄想だけにしとくかな、とりあえず。

posted by ぐれっち at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊び道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

ヒールリフト付け替え

こないだの後方羊蹄山に登った時に
しょうたろうさんからのアドバイスを受けまして
SPLT66のヒールリフトを少し高くしてみることにする。

P1160829.JPG

P1160831.JPG
約2cmの差だけれど、実際にお山でどう感じるか楽しみだね。

posted by ぐれっち at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

スキー場あそび

旭ヶ丘スキー場へそり遊び。
P1160794.JPG

本当はのんのんを背負子にのせて滑るつもりでしたが、
スキーをはいていないとリフトには乗れない決まりなんだそう。
じゃんねん。
ってことは、以前乗ったモイワやぴっぷが寛大だったんだなあ。

NZのクラブフィールドでは、背負子で滑る親子の姿が多数見られたな、
と数年前の旅の景色を思い出す。
まあ、スキー場を使う以上、ルールがあるならそれに従うしかないやね。

P1160775.JPG

P1160777.JPG

とはいえ、のんのんはそり滑りエリアで
一緒にそりに乗って滑ったり、ゴロゴロ転がったり、
未圧雪箇所でズボズボ埋まったりと、こいつなりに楽しそうでした。

P1160807.JPG

「しょいこ、しょいこ!」のリクエストに応えて、
秘技・背負子でそり滑り〜!
(嫁の「普通に前に抱いてすべれば!?」という正しいツッコミと笑いを獲得)

「のんのんも すきー のりたいなあ。」
「おねえちゃんに なったら、りふと のれる?」

そだね、まずはパンダスキーを手に入れて、雪散歩しよっか。

P1160810.JPG

午前中にみんなで焼いた、いろんなパンで一休みするのも楽しいね。
(てんとうむしパンにおでんパン、かにパンに雪だるまパン、etc...
 のんのんが指さしてるのはかたつむりパン)

今日はお天気も穏やかで、外遊び日和でよかったな。
またみんなで雪遊びいこうね。

posted by ぐれっち at 18:37| Comment(12) | TrackBack(0) | 外遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

山ボード日記 2013 その5 後方羊蹄山 京極コース

キロロ方面狙うつもりだったんだけど、
玄関出たら後方羊蹄山が上まで見えていたので急遽変更。

IMG_6094.jpg
尻別岳や後方羊蹄山がすぐ見えるところに住んでいると
誘惑に打ち勝ってよその山に行くのはなかなか困難と言える。

登山口で準備をしていると
他のグループの中で見覚えのあるお方。

もしやあなた様はと声をかけると
北海道山岳挑戦会のしょうたろうさんだった。
あら、ひさしぶりー。

途中から一緒に行動させていただくことになり、
ひとりラッセル祭りせずにすみました。
ありがたや、ありがたや。

IMG_6095.jpg
雪はちょい重いパウダー、場所によっては脛ラッセル。

IMG_6096.jpg
曇ってきたので、天候回復をお願いしながら
嫁の焼いたおひさまパンを食べる。

IMG_6097.jpg

IMG_6100.jpg
1400mまで登ってオープン斜面と林間を遊ぶことにする。
風雪穏やかだっったのでゆっくり準備。
視界が開けた、ドロップイーン!

うひょー。
雪はやや重でしたがスピードの出るいい雪。

IMG_6102.jpg
しょうたろうさんの喜びの叫び声が響きました。
彼の心底楽しんでいる姿は見ていてこちらも楽しくなりますな。

単独の多い自分ではありますが、
こうやって仲間と滑るのも楽しいですね、やっぱり。
ありがとうございました。


今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:のんのんのキティちゃんラムネ


posted by ぐれっち at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

おひさまパン

栃木の姉から送られてきた、のんのんへのX'masプレゼントは、
絵本「おひさまパン」。

雪の凍てつく日に、パン屋さんが「おひさまが出ますように」と焼いた
おひさまの形のパンで、暗かったみんなの心を暖かくし、
おひさまも顔を出すとゆーお話。

今年のわが町も、
おひさまの登場を願いたくなるような天気が続く日々。

P1160761.JPG

んで、嫁とのんのんが早速、
おひさまパンを焼いてくれました。

P1160764.JPG

願いがお天道さまに届くといいね。

posted by ぐれっち at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

山ボード日記 2013 その4 幌平山

「陽射しの中で滑りたいなぁ。」
新春最初の山ボードは雪質よりもお天気重視。

雪のわさわさ降る、雪質はよかろうニセコ・山麓をあえて避け、
東へデリカを走らせてやってきたのは実にひさびさの幌平山。

IMG_5817.jpg
晴れてる、晴れてる♪

IMG_5818.jpg
先行のスキーヤー2人のトレースをいただきサクサク登る。
風はあるが曇ることなく太陽はずっと顔を見せてくれました。

IMG_5819.jpg
メインの南斜面を滑って登って計3本。
お手軽でいいですねえ、このお山は。

下部は雪不足のため笹がだいぶ見えていましたが、
ほぼ最後まで板を脱ぐことなく下山できましたぞよ。

お天気、景色もよく、静かなお山でありました。

今年も怪我無く安全に、自分なりに楽しく、
そして旨いビールが飲める山ボードになりますように。

今日のボード:SPLT66
今日のおやつ:栃木みやげ「かりんとう饅頭」

posted by ぐれっち at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 山ボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

帰省 その5

IMG_2073.jpg

北海道に戻る日。
再び新潟から苫小牧東までフェリーに乗るのだ。

道中あちこち寄り道。

IMG_2060.jpg
道の駅「こもち」

関越トンネルを超えるとそこはまさに雪国だった。
行きとは逆に雪わさわさ。

IMG_5804.jpg

IMG_2068.jpg
越後湯沢駅でお土産の笹だんごを買い、
駅内の屋台村で大盛りモツ煮込(450円)を味わった後は
町営温泉「山の湯」で一休み。
ふー、やっぱりいい湯だねえ、ここ。

のんびりしすぎましたが、フェリー乗船には
なんとかギリギリ間に合いました。
あぶないあぶない。

IMG_2079.jpg

出航は11時30分。
この日の海は荒れ模様で、フェリーもかなりいい感じでグラグラ。
うむむ、さすがのわしも立っているのは苦しいかなァ。

「ちゅるちゅる食べるー!」
元気なのはのんのんだけでありました。
まいった、まいった。

今回の帰省は長めの冬休みになったので
のんびり過ごすことができました。

迎えてくれた実家と親戚の皆さん、
それと中学校の友達たち。ありがとう。

今度、この行程なら越後湯沢の温泉とか
山ボードも組み合わせてもいいかな。


posted by ぐれっち at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

帰省 その4

「どこ行くの?」
「いいとこ、まんがんじ♪」

栃木(一部)で昔から使われていた謎の枕詞。
「まんがんじ」って何?

IMG_5775.jpg
とゆーわけで行ってきました、初詣は「出流山満願寺」。
(どーゆーわけだ?)

山奥にある満願寺は、日がかげるのが早く少々寒い。
のんのんはお下がりのハンテンを着て、駐車場からてくてく歩く。
平成生まれの子から発せられる昭和のにおいにつられてか、
「おっ、いいねぇ」「かわいいですねぇ」といろんな人が声をかけてくれる。

IMG_5777.jpg

IMG_5784.jpg
本堂をお参りしたあとは、鍾乳石でできた観音様を拝みに
崖の上にある奥の院までさらにてくてく歩く。
(いや、決して正月太り気味の家族全員でウォーキングなどではない・・・)

IMG_5783.jpg
結構な渓谷で、石もごろごろしている山道でしたが
のんのんもがんばって歩きましたよ。

IMG_5786.jpg

奥の院で拝んできた後には、おみくじを引いてみる。
IMG_5794.jpg

IMG_5796.jpg
のんのん小吉、わし中吉。
お守りは二人とも大黒様、ご利益あるといいね。

IMG_5799.jpg
露店のモツ煮とそばすいとんで、冷えた体を温めて帰りました。

IMG_2047.jpg
夜は、じいさんの73回目の誕生祝い。
これからも元気でいてくださいまし。

posted by ぐれっち at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

帰省 その3

甥っ子、姪っ子達に会いに行く。
早いもんで、今年一番上は高校受験、真ん中は中学校入学。
歳の流れを感じつつも、成長する姿を見られるのは嬉しいものだ。

IMG_1995.jpg

IMG_2017.jpg

しかも野球盤にジェンガ、ウノなどなど、
まだ一緒に遊んでくれるのが嬉しい。

この年頃だと、自分の部屋にぷいと行ってしまっても
おかしくないんだろうし、年に1回来るか来ないかわからない
叔父さんとこうして遊んでくれるのはきっと
父さん、母さん達が普段から話してくれているからなんだろうな。
感謝、感謝。

この日は甥っ子、姪っ子達だけでなく
夜は中学校時代の悪友とも会って話して、帰宅は翌日朝8時。
久々の徹夜でありました、うひー。

posted by ぐれっち at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

瑞祥新春

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

世の中はおめでたいことばかりじゃありませんが、
暗い気持ちを持っていても負の連鎖が続くだけじゃないかと思うので
気持ちだけはこれからも明るく前向きに持ちたいです。

ところで、自分の特性に「すぐ忘れてしまう」ということがあるのですが、
これって日常生活で困ることも多いのですが(一番の被害者は嫁)
考えようによっては嫌なことも引きずらないで
すぐに気持ちを切り替えられる利点でもあります。

「リソース」と「リフレイミング」とゆー考え方があります。

リソースは今の状態や使えるもの。
リフレイミングは、それを再構築すること。

つまり、あらゆる物事は、考え方次第で長所にも短所にもなるってこと。


昨年は仕事の上でもちょっとしんどいこともありました。
でもそれもリフレイミングしてみれば、
その時の自分には必要だったことじゃないかなって思えまする。

今後の人生をもう一度見直すいいきっかけだったんじゃないかなぁ。

自分のやりたいことは何なのか、
自分の心の声をしっかり聞くこと。

これが今年の自分のテーマ。

なにはともあれ、このブログを見てくださっている
数少ない読者の皆様にとりましてもよい1年でありますように。


posted by ぐれっち at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする