2011年08月31日

バイバイ テレビ

地デジに切り替わると同時にテレビを見るのをやめた。


とゆーより、見なくなったといったほうが正しい。
いや見られなくなったとゆーべきか。

地デジ対応のテレビを買うあるいはブースターを購入してまでテレビを見たいか?
と自分に問うてみると、そこまでして見たいとも思ってない自分に気づく。
基本的な情報は新聞とインターネットで十分だしね。

切り替えを機にテレビを見なくなった人は他にもたくさんいるし、
見なくなった理由も人それぞれだが、
我が家はさしてそれほど強いポリシーはない。

単に、テレビなくてもいいんじゃない?

とゆー程度。
見たくなったらまた買うかもしれませんけどね。

これでいいと思う。

なんでもそうですが、こうしなきゃダメだとか、これはダメだとかは
社会的に迷惑になるもの、生命にかかわるものでなければ
その人の判断ですればいいことである。

人に押し付けられるものでもないし、
自分なりに判断してすればいいこと。


さて、電気屋にテレビを引き取ってもらう。
ブラウン管テレビのSONYトリニトロン。

今までありがとう、さようなら。


NHKも見なくなるので受信料解約の手続き。
電話でその旨伝えて、手続きを済ませる。

NHKは今まで一番見ていた放送局でもある。
おはよう日本、朝の連ドラ、大河ドラマ、北海道中ひざくりげ、
NHKスペシャル、その時歴史が動いた、NHKアーカイブス、
映像で見る20世紀、プロジェクトX…

いい番組をたくさんありがとう。

電話で手続きしながらそんな感謝の想いが浮かび、
対応してくれた担当の方に
「今まで見ていましたが、大変お世話になりました。」
「また今度見たくなったらよろしくお願いします。」
とお礼を言った。


で、テレビなし生活約1ヶ月。

特に何も困ってない我が家なのである。

どうしても見たい番組があったら
ご近所で見せてもらおうかしらん。
(昭和30年代かっ)

posted by ぐれっち at 20:22| 北海道 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

山のぼり日記2011 その2 チセヌプリ

P1120321.JPG

今日も天気がいいー。

「チセ登らない?、チセ。」


いつもは自分が企画する外遊び。
今回は母ちゃんが企画。

汗っかきの自分は、暑い時期は山登りよりカヌー専門でしたが、
秋めいてきたし、山登りもいいかなと今日の山登り決定ー。

背負子にのんのん。
ザックにおにぎりとおやつ。
そうそう、忘れちゃならないビールも積んで出発〜♪

東登山道からスタート。
登りはじめると登山道に時々涼しい風が吹きぬける。
んー、気持ちいいねー。

P1120333.JPG

ゆっくりゆっくり登るものの、
成長したのんのんはなかなか重い。
うーん、冬に向けていいトレーニングだわ。

景色を楽しみつつ、約1時間30分で山頂到着。
ふひー。

P1120348.JPG

P1120341.JPG

「ぱん!ぱん!」と袋を持ってきて、開けて!と要求。
いの一番に食べ始めていたのんのん。
山頂で食べるおにぎり、あんぱんは美味しいね。

下山後は雪秩父で汗を流して帰りました。
あー楽しかった。

昨日は川で、今日は山。
遊んでるなあ。


今日の温泉:雪秩父(湯銭500円)
今日のおやつ:ミニトマト、ひとくちおやつ(カルパス)
posted by ぐれっち at 22:38| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

カヌー日記2011 その6 尻別川

尻別川で川カヌー。

尻別橋から更西橋ちょい先のビューポイントの堰まで。

ここのコースは後方羊蹄山が川下正面に見える景色がお気に入り。

日差しが強く、あまりにも暑いので
橋の下でカヌーを組み立ててスタート。

川面に出ると早速ビールをぐびり。
うーん、うまーい♪

P1120280.JPG

夏の盛りも過ぎて水量も少なめだけど、
家族で下るのにはちょうど良いのだ。

のんのんも大分慣れてきたのか、
カヌーの上で不安がることも殆どない。

母ちゃんのパドルさばきもなかなかのもの。
所々にある小さな瀬も難なくクリアだ。
やるなあ。

P1120298.JPG
↑うわばみ

P1120307.JPG

留産の川辺で休憩しながらのんびり下って
約3時間でゴール。

尻別川沿いでキャンプをするつもりでしたが
あいにく先客がいたので、今回はやめて
辻畜産で肉買って、自宅焼肉で締めました。


いい川、いいカヌー日和でした。
花丸。


今日のカヌー:カヌポン3号艇「AIRE LINKSU」
今日のおやつ:メロン、一口チョコ

posted by ぐれっち at 22:21| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カヌー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

カヌー日記2011 その5 洞爺湖で水遊び

お盆は虻田の婆ちゃんちに、ひ孫4人勢ぞろい。
お墓参りとご馳走の宴。
おいら一人ビール祭りの幸せ。

翌日、嫁姉一家で洞爺湖へ水遊び。
お天気さいこー!
カヌーのほかに、じょうろや浮き輪、おもちゃの金魚すくいセットも。

P1120151.JPG

P1120155.JPG

しかし、人の多さったらないわ〜。

洞爺に住んでいたときには、
あえてこの時機に行くのは避けてましたが
改めて人の多さにびっくり。

それでも、みんなでカヌー乗ったり泳いだり。
楽しめました♪


楽しんだ後は我が家でお好み焼きパーティー(広島風)。
しあげは花火で夏の遊びを満喫しました。

P1120193.JPG

もうすぐ2歳になる甥っ子の成長にも驚いたなー。
のんのんの半年先に生まれた同級生なんだけど、

「ざっくり ぶうぶう がたがた ごろろー!
 きみの しごとは さいごだけれど、
 いちばん だいじな しあげの しごとだ!
 きみが いなくちゃ たいらに ならない!」

絵本の台詞を暗記してお話してくれる姿にびっくり。
車のお話なのが、やっぱり男の子。すごいなー。

子どもの成長って早いね。


posted by ぐれっち at 22:19| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

週末あれやこれや

P1120056.JPG
↑鉄郎ではありません。(こんなの

なんか色々あった週末でした。
さてと何から書こうかねえ…

8月6日〜7日

以前住んでいた旧北檜山町、現せたな町へ。
北檜山の親戚の皆さんにのんのんを紹介するのだー。

でもまずはその前日。
漁火祭りでうにとあわび、つぶを堪能〜♪

P1110965.JPG

P1110969.JPG

P1110970.JPG

P1110989.JPG

花火はここ数年見られないほどのお見事さ、実に2000発。
わしが居た時よりバージョンUPしてるかな?

その夜は車中泊で過ごし、翌朝、太櫓海岸で朝食を取りながら海遊び。
のんのん初めての海はおっかなびっくり。

P1120001.JPG


P1120009.JPG

目的の親戚の皆さんへのんのんをご紹介。
自己主張の強さと腕っ節の硬さ、
肌の黒さに感心されちゃいました。
鍛えられてるからなあ。


で、帰りには利別川でのカヌーにいくぞー!

…と思いましたが、出発予定の花石橋に着くとあまりのアブの多さ。
以前、上ノ国町の天の川カヌーでの苦い思い出が脳裏に蘇り、
のんのんも心配だったんでやんぴ、やんぴ。
秋にまた来よ。

なので、嫁のたっての希望で奥美利河温泉へ。

P1120046.JPG

P1120037.JPG

やっぱ、ここいいわー。お湯もいいけど雰囲気が堪らん。
我が家の「今度は泊まりに来たい宿」エントリー&ランクイン決定。

帰り道、倶知安じゃが祭りにも参加。

P1120058.JPG

P1120073.JPG

P1120091.JPG

去年も家族みんなで来たけれど、
あの時、のんのんはちっちゃかったなあ。
などと思いつつ生ビールをぐびり。

じゃが音頭もしっかり踊って二日連続の花火見物。
遊びすぎたかなー?

posted by ぐれっち at 00:48| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

おがわの学校

P1110927.JPG

町にあるワッカタサップ川で開催された
「おがわの学校」へ家族で行ってきました。

この日も陽射しがぎらぎらで、水温も19℃の
川遊びにはもってこいの日。

のんのんはおニューの水着デビュー。

P1110940.JPG

いきなり川に流されながらも、のんのんも一緒に川遊び満喫。
(いや、自分が一番満喫したな…)

P1110945.JPG

P1110946.JPG

みんなで水でっぽう作り。
その後はやっぱり子ども達と水掛け合戦!

P1110954.JPG

で、夏の川遊びの締めはやっぱりスイカだよなー♪

夏らしい遊びを満喫できたイベントでした。

身近な自然である川や湖などの水辺で遊ぶとゆーことは
今の子ども達にはあまりないことだと思います。

学校の先生や大人の大半は、
危ないから川に近づいてはいけませんとか、
川で遊んではいけませんとかしか言ってないのかもしれません。

自分が子どもの頃は、ため池や川が遊び場でした。
もちろん、学校や大人は行ってはいけないと
言ってましたが、それでも僕らはザリガニ取りや
いかだで海賊ごっこなどして遊んでましたし、
大人にばれて怒られてもまた遊んでましたけどね。

今のご時勢、子どもへの安全指導上、
先生達も言わなくてはいけないのかもしれませんが、
川で遊ぶことの楽しさ、そこで学べることの大切さ、
自分が楽しかった体験の伝承を放棄してしまっているよーな気もします。
(大げさか?)

子ども達と水辺をどうやって繋いでいくかが
水辺で遊んで育った僕らの責務かもしれませぬ。

自分が嬉しかった或いは楽しかった体験を
子ども達に伝えていくことは
自分の子育てにおける大きなテーマのひとつですね。


さて、イベント終了後に帰った途端、
のんのんは布団でばたんきゅー。

お日様の下で川遊びはやっぱり体力消耗するよね、お疲れさん。

posted by ぐれっち at 23:37| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族いっしょ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

ソーラークッカー 製作記 その3

実験その1がうまく言ったので、
今度は黒っぽい缶コーヒーのボトル缶を使い、
水を温めてカップめんを作ってみようとゆー実験。

昨日と同じく、出勤前にセッティング。
今日も暑くなりそーなので期待大。


…でお昼休みの3時間半後。

P1110899.JPG

どれどれと覗いてみると
ペットボトル内に差し込んだ温度計は約80度!

P1110901.JPG

更にボトル内の水温は約90度でわないでつか。
お湯をカップめんに注ぎ、残り湯でコーヒーも入れたりなんぞ。

P1110902.JPG P1110905.JPG P1110906.JPG

で、3分後。おー、できとるできとる。
ふつーに熱々で食べられましたわ、太陽熱すごいね。

実験その2もとりあえず成功ー。

しかし、暑いさなかカップめん食べるのは
汗が出てたまらん。

P1110908.JPG

なので、実験後は嫁手作りの紫蘇シロップカキ氷でクールダウン。
ふひー。


さあ、次はご飯に挑戦じゃー。

posted by ぐれっち at 23:24| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

ソーラークッカー 製作記 その2

天気良さそうな本日。
早速実験してみますた。

実験その1は、ゆで卵に挑戦。
好天に誘われて、思いつきの出勤15分前に実験準備。

@空き缶をプロッキーで黒く塗る。
A2Lのペットボトルを切って保温容器を作る。
Bキャップに穴をあけ、温度計をつける。
C空き缶に卵と水を入れる。
Dビニール紐で傘の柄にペットボトルを結びつける。
E日当たりのよさげな場所に設置して準備完了〜。

P1110891.JPG

さて約3時間半後のお昼休みに帰ってきて見ると、
ありゃりゃ、置いたところが日陰になってんじゃん!
温度計も40度以下さしてやんの。
こりゃだめだなー。

と思い、とりあえず空き缶を取り出してみようとすると
「うわっ!あちちちー!」
めっちゃ熱くなってるじゃないですか!

卵を取り出してみると、熱いし、それなりの硬さ。
恐る恐る割ってみると、おー。ゆで卵できてる?!

P1110893.JPG

ちょっと温泉卵チックな半熟ですが、
ちゃんとできましたぞ。
まー、一応成功かな?

実験第1段階はまずはよしとしよう。(かな)

次回は、お湯を沸かしてカップラーメンに挑戦じゃ!

(つづく…のか?)

posted by ぐれっち at 23:28| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

ソーラークッカー 製作記 その1

洞爺に「えねけん」なるものがあります。


洞爺エネルギー研究くらぶ
洞爺在住の歌母さん「さとうしほ」ちゃんが立ち上げた
こども達のために、こども達とともに、これからの自然エネルギーについて
一緒にできること話しましょうとゆー主旨の集まりです。

ウチの嫁も参加させてもらっておりますが、
話し合いあり実験もありで、楽しいとのこと。いいなー。
こないだは、太陽熱を利用した「空レンジ」なるもので
料理をしてみようというイベントをしたみたい。
↓こんなの
P1110849.JPG

話を聞いて、かつての学研「科学と学習」を
読み込んだ少年時代の心がふつふつと蘇ってきたー!

自分でもソーラークッカーを作ってみっか!
とゆーことでまずはネットで調べてみると、
結構ソーラークッカーを自作している方っているのですね。
しかもいろんなタイプがあって面白いな。

で、その中からビニール傘を利用したソーラークッカーに挑戦。

【材料】
・自分ちに転がってたビニール傘
・キッチン汚れ防止シート(45p×90cmのもの2つ)
・両面テープ(1.5cm×20m)

傘以外は100均で揃え、あとは、暖めるための黒い缶状の入れ物と
保温用のペットボトルがいるけど、ほぼタダかな。
なので材料費しめて300円也。

できるだけ、あるもんですますのは我が家の鉄則。


嫁とのんのんがすっかり寝入った後、夜11時から工作スタート。
傘の内径を測り、シートを切って
両面テープでぺたぺた張ってく作業を延々1時間ちょい…
気分は江戸時代の傘張り浪人かっつーの。

で、とりあえずここまで完成〜♪
命名「おひさま1号」

P1110885.JPG

あちこちしわがよってるのもご愛嬌。
あとは暖める入れものを装着すれば完成。
今度は天気のいい日に実験じゃー!

これでご飯炊けねぇかなぁ?


いやあ、しかし手作り遊びってやっぱり楽しい。
こーゆーのって、はまると夜中でもやっちゃうんだよねえ…


(つづく)

posted by ぐれっち at 01:41| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする