2010年09月22日

足尾へ 2日目

もう一泊したくなる気持ちをおさえつつ、
お世話になった「かめむら別館」を後にし、
すぐ近くにある猿田彦神社へ御参りしてから出発。

P1070554.JPG

さてまずは、旅館の近くにあった小滝地区。
足尾銅山の坑道があり、大きな集落があったそーな。
病院や学校、料理店や芸妓屋まであり、
最盛期にはこの地区だけで人口1万人だというのだから驚きだ。

うーん、こんな山中にそんな大集落があったとは
情報がなければ、とても信じられませんな。

足尾町自体も、銅山の最盛期には人口4万人で
宇都宮市に次ぐ、栃木県第2位の人口だったとのこと。
ウチの町の脇方鉱山みたいだねえ。

P1070562.JPG
小滝坑道に続くトロッコ用鉄橋(大正15年6月竣工とあり)

P1070570.JPG
銅山観光にある通洞坑道

P1070579.JPG
足尾銅山を所有していた古河鉱業の迎賓館「古河掛水倶楽部」

街中にはあちこち、かつての集落跡があり、面白い。
わたらせ渓谷鉄道の駅舎も味があってゆっくり見たくなる。

足尾鉱毒事件の原因となった足尾銅山。
正直、あまりよくないイメージを持っていた。

しかし、かつては日本の銅産出の40%を占めるほどの
採掘量を誇り、鉱業の都として栄えた時代の
足尾の賑わいを想像しながら今の街並みや史跡を見ていると
複雑な気持ちになってくる。

歴史とゆーものは、単純に善悪で分けることはできないんだろうな。

P1070581.JPG



で、頭を使った後は…

P1070584.JPG
「食事処ないとう」のソースカツ丼

お土産には、安塚さんの「あんこ玉」(黒砂糖の独特の甘みが利いていて◎)
P1070586.JPG

それと、青柳さんの「足字銭最中」
P1070587.JPG


足尾の山々、街並み、産業遺跡は決して派手ではないが、
街の存在自体が歴史的な空気を持っていて不思議な魅力を感じましたな。

もっと色々調べてからまた来ると面白そうだ。

道中には、自分の好きな廃校もたくさんあったし、
また来たいツアーとなりました。

のんのん、付き合ってくれてありがとー。

posted by ぐれっち at 17:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

足尾へ

去年9月に行った「栃木の偉人「田中正造」史跡めぐりツアー」後半戦
今回は「足尾銅山見学ツアー」

初日は移動日。

本当ならば、わたらせ渓谷鉄道で
のんびりと行きたいところであったが、
今回は車でドライブ。

桐生市から渡良瀬川沿いに北上するに連れて
山あいの渓谷にへばりつくような町並みは
北海道にはあまり見られない風景だ。

P1070475.JPG
草木ダム近くにある「星野富広美術館」を見学した後に、
本日のお宿「足尾温泉 かめむら別館」へ

P1070484.JPG
国道から奥まったところにひっそりとある温泉宿。

P1070487a.JPG
自分の好きな湯治場の雰囲気。

P1070494.JPG
この日のお客は我が家だけとのこと。
宿のご好意で女湯を貸切風呂としていただいた。
小さい子のいる我が家にとってこれはホントついてたなー。
家族三人でゆっくりと浸かることができてありがたいありがたい。

お湯はぬるめで、ほぼ無味無臭。
肌がぬるぬるするアルカリ系のお湯は
源泉の温度が低いので加温しているらしいですが、
いい温泉で、気に入りました。

P1070505.JPG
で、やっぱり湯上がりにはビール♪
ほろよい気分でのーんびり過ごす。

P1070509.JPG
夕食もほっとするものばかり。
山椒の佃煮がうまい。

P1070512.JPG
気さくな旅館の店主や女将さん。
のんのんを抱っこしてくれた子ども達。

P1070540.JPG
朝風呂入って、朝ごはん食べて、また温泉に入る。
うーん。贅沢、贅沢。

いい温泉とおいしい料理で、
嫁ともどもお気に入りの温泉宿が増えました。
また泊まりに行きたいですな。

posted by ぐれっち at 12:08| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

帰省中

今回、帰省の目的はのんのんを親戚に盥回し…もといお披露目するため。

P1070384.JPG

P1070385.JPG

P1070425.JPG

親戚のおじさんおばさんの手作りイモフライ。
嬉しい♪
かけるのは、佐野市特産のミツハソース
これがまたイモフライに合うんだよなあ。


posted by ぐれっち at 09:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

のんのん、空を飛ぶ

いわゆる帰省です。

のんのんにとって、はじめての飛行機、電車の旅。
残暑厳しい内地の9月だけどどうかなあ。

P1070332.JPG

P1070339.JPG

P1070370.JPG

P1070350.JPG

P1070352.JPG

毎度おなじみ、上野では「クラウンエースのカレー」と
高架下の呑み屋で、モツ煮込みとビールのコース。
んー、んまい♪

しかしのんのん、初めての東京なのに
いきなり濃いコースですまぬ。

posted by ぐれっち at 01:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

機種変更

変えました、携帯。


5年間一緒だった「Gzone type-R」と涙涙のお別れ。
思い出たくさんありがとう。オロローン…

【理由】
・auはCDMA1Xを2012年に廃止。
・おまけにCDMA1XはWINに較べて料金プランが高い。
・追い討ちは、今なら格安で切り替え可能。
・とどめは、入っていたグループディスカッションが今年の12月で打ち切り。

ってなわけで、しぶしぶの機種変更デシタ。

ワンセグ、テレビ、1000万画素カメラ、音楽プレーヤー…
なんですか、それ?

P1070324.JPG

で、新しい機種はデザインが気に入った「PRISMOID」。
EZwebとメールができればいいのでこれでじゅーぶんなのだ。
安いし、軽いし、シンプルなのがお気に入り。
capsuleの曲を使ったCMにも魅かれたなー。


は?CA002ですか?
あまりにもGzOne type-Rの系統からかけ離れてるので今回はパス。
また同じコンセプトとスタイルを持った機種が出たらいいな。
それまではじっと我慢の子であります。ハイ。


boulder.jpg g-zone-rock-1.jpg

こんなの出ないかしらん。
posted by ぐれっち at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊び道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

イモフライ

栃木県は下都賀郡、佐野市名物といえば「イモフライ」

ふかしたじゃがいもに小麦粉、卵、パン粉をつけて
あげただけの素朴なお惣菜ですが、
これがなんとも言えず旨いんだなあ。

帰省したときは、いつも親戚のおじさんが
特製のソースを添えてお皿に山盛り作ってくれます。

なんだか急に食べたくなったので自分で作ってみました。

P1070304.JPG

完全とはいえませんが
なかなかおいしくできましたよー。

またビールに合うんだわ、コレが♪


北海道はあげいもとか、いももちとかあるけど
イモフライは見かけないなあ。
作れば売れるとおもうんだけどね。

posted by ぐれっち at 23:50| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

離乳食はじめました

わが子も5ヶ月過ぎたので少しずつ離乳食を始めました。

ウチらがご飯食べてる横に座らせていると
口をもぐもぐさせながらじーっと見てるので、
食べることに少しずつ興味がわきはじめたのかなと思いまして。

P1070228.JPG
「今日は何を食べさせてくれるの?」
とはしゃぐのんのん。

パンがゆ、玄米おかゆ、にんじん、とーきみ、かぼちゃなどなど。
色々ためしながら、少しずつ慣れさせてます。

舌の使い方とか、スプーンで食べるのが上手かな。
(他の子との比較が無いのでよくわかりませんが)

味にはまだ慣れないのか時々渋い顔になりますが
スプーンを掴みながら口に運ぶこともあるので
食べることには抵抗なさそうで一安心。

P1070249.JPG

たくさん食べておおきくなってなー♪

posted by ぐれっち at 22:44| 北海道 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

あたり

あたりました♪
自慢させてください。

P1070219.JPG

大好きなビール「サッポロクラシック」の
北海道のおいしさキャンペーンの
「時鮭といくら醤油漬け」+「ルクエ スチームケース」のセットでやんすー。
嫁はばんざい、わしは思わず部屋中カチャーシー!
いやはや申し込んでみるもんですねえ。

なにはともあれ嬉しい♪


で、早速同封されていた星澤先生レシピの
鮭といくらのご飯をルクエで作ってみルクエ。

P1070225.JPG

ちゃんとご飯炊けてます。

肉厚の時鮭の実は食べ応え十分でうんまい、うんまい。
うーん、ルクエはこれから色々重宝しそうですな。

「ね。ただ呑んでるだけでなく、呑んだおかげで当たったんだよー!」
と嫁にアピール。
鮭いくらごはんを夢中で味わう嫁には馬耳東風でしたケド…


posted by ぐれっち at 21:38| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする